電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

協和テクノブログ

じつは電気柵が夜間動いていない可能性がある!

2020年09月15日

下の図をご覧ください。日中、日が当たると電気柵の電圧が正常値になっています。
朝7:00ごろから徐々に電圧が上がり、夜の22:00から電圧が下がっているのがわかります。

電気柵電圧データ

 

この場所は、電気柵を設置していても獣の侵入がある場所で、電気柵監視システム「エフモスジュニア」を設置し確認したところ、夜間に電気柵が正常に稼働していないことがわかりました。

この電気柵はソーラー充電タイプなので、日中稼働していて夜間に電圧が下がるということは、電気柵のバッテリーの不具合ということになります。

バッテリーの寿命は2年~3年です。それを過ぎたバッテリーは十分に充電することが出来なくなります。日中はバッテリーがわずかに充電され、あとはソーラーパネルの発電により電気柵が稼働している状態です。

12V鉛バッテリーは、通常満充電で13V程度になります。12.3V以上充電できないバッテリーはすでにバッテリーが傷んでいますので、取り換えをお願いします。

日中に電気柵の電圧を計測しても、じつは夜間にしっかり稼働していないことが、電気柵監視システム「エフモスジュニア」の設置で確認し、対処することが出来ました。

ソーラー充電タイプの電気柵をご利用の方は、バッテリーが購入から2年以上経っている場合には、バッテリーの電圧チェックをお願いします。

 

電気柵の電圧を遠隔で監視することが出来る
電気柵監視システム「エフモスジュニア」→ https://www.efmosjr.com/site/

 

商品の事など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:026-245-5438(営業時間:月〜金 8:30〜17:30)
FAX:026-245-5448(24時間受付)

関連記事

獣害対策のための、間違えないフェンスと電気柵

獣害対策のための、間違えないフェンスと電気柵

先日電気柵の本体の調子がおかしいということで、現場へ伺わせていただきました。 この地域では、主にイノ… もっと読む »

長雨による太陽光発電の日照不足にご注意!

長雨による太陽光発電の日照不足にご注意!

九州・中国地方、7月の集中豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、 被災地の一日も… もっと読む »

けもの塾!!!2018 自治体担当編 in 東京

けもの塾!!!2018 自治体担当編 in 東京

先週末の1月12~13日、 今回で二回目、 ふるけものネットワーク主催、『けもの塾 自治体担当編 i… もっと読む »