電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

けもの対策法

けものについてabout vermins

主に「獣害」が報告される野生動物は「イノシシ」「サル」「シカ」「クマ」「アライグマ」「ハクビシン」「キツネ」「タヌキ」等です。
こういった「獣害」を及ぼす野生動物には、電気柵が有用です。
ただし、けものの種類によって利用する柵や設置方法が様々です。
こちらのページでは、各けものに最良な柵をご紹介していきたいと思います。

協和テクノ株式会社では、害獣の種類によって様々な柵を取り揃えております。
多数の設置実績から皆様のお悩みや環境に最適な柵をご紹介いたしますので、記事をご参考の上ぜひお気軽にご相談ください。

けものの種類

協和テクノ株式会社のイノシシ対策

イノシシ

雑食性でなんでも食べ、鼻で押し上げる力が大変強いです。夜行性のイメージがありますが、日中も行動します。

協和テクノ株式会社のサル対策

サル

学習能力が高いため非常に厄介な動物です。基本的には昼間行動しますが、最近では夜間に出没した報告もあります。

協和テクノ株式会社のシカ対策

シカ

毒以外の植物はほとんど何でも食べます。ここ数年は各地(特に山間部)で被害が急増しています。

協和テクノ株式会社のクマ対策

クマ

雑食性で基本的に何でも食べます。最近は町中で目撃されることもあり人や人家を襲うケースもあります。

協和テクノ株式会社のアライグマ・ハクビシン対策

アライグマ・ハクビシン

雑食性で何でも食べます。木登りが得意なため、電線や木を伝って圃場侵入することができるので防除が難しい動物です。

協和テクノ株式会社のキツネ・タヌキ等対策

キツネ・タヌキ等

キツネ・タヌキ等の小動物は基本的には夜行性で雑食性です。キツネは農作物被害だけではなく、エキノコックスを媒介することもあります。

Scroll Up