電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

電気柵(さく)は安全です

電気柵のしくみelectlic fence

電気柵は、AC100VやDC9-12V(バッテリー、乾電池)を電源とするパワーユニットが発生させるパルス電流を電牧線に流し、これに触れた動物にショックを与えて、田畑などへの侵入を防ぐものです。
電牧線に流れる電圧は10,000Vに達しますが、法律で定められた電気さくを使用する限り、危険なものではありません。

こちらが、家庭用電源100Vを電源とする電牧器を使用した例です。

※ PSE規格に適合したAC100V仕様のパワーユニットは漏電遮断器を設置、ACアダプターは不要です。

家庭用電源100Vを電源とする電牧器を使用した例

下図の様に電牧線へパワーユニットを介さず直接家庭用電源100Vを繋いではいけません。(厳禁!)

法律違反であるとともに、非常に危険死亡事故につながります。

パワーユニットやアダプター等を介さず直接電源に繋ぐ事は、法律違反でありとても危険です

なぜ電気柵は安全なの?safety

パワーユニットから電牧線へ発生させる電圧は約6,000~10,000Vに昇圧されていますが、通電時間は僅か1/3,000~1/4,000秒で、1回で送出される電気量(クローン)は最大で3ミリクーロンとなります。
国際電気標準会議で、人体への影響として交流電気量が安全限界値50ミリクーロン(電流・秒数)に定められていますので、電気柵の電気量は極めて少ないものです。

それでは、人体への影響を家庭用電源100Vと一般的なパワーユニットで電気量を比較し考えてみましょう。

家庭用電源AC100V 20A(ブレーカーの最大電流が20A)直の場合

最大電気量20クーロンが、継続的に流れ続けます。

結論:死に至る可能性が極めて高くなります。

パワーユニットを使う場合

最大電気量954マイクロクーロン(0.000954クーロン)約1.2秒間隔で断続的に流れます。

結論:安全限界値以下で、安全です。

まとめconclusion

家庭用電源に直で繋ぐとパワーユニットから発生する電気量の20,964倍にもなり、人体へ影響する安全限界値をはるかに超え、非常に危険です。
絶対に、家庭用電源100Vからパワーユニットを介さず、電牧線に直接接続しないでください。

きちんとパワーユニットを使えば、電気柵は安全で有用性の高いものです。
正しい設置を行い、ぜひ皆さまの環境にお役立てください。

協和テクノでは、電気柵購入や設置法等のご相談を承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

協和テクノはガラガー電気柵システムをおすすめします
Scroll Up