電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

ガラガー電気柵

ガラガー電気柵についてabout gallagher

協和テクノがお勧めする電気柵ブランド

電気柵で信頼トップのガラガー製品を協和テクノ株式会社がご提供いたします

ガラガーは強力・簡単・低コスト 信頼と実績のトップブランド!
協和テクノ株式会社では、電気柵(電牧)は、ガラガー社製品を推奨いたします。
ガラガー社(ニュージーランド)は世界で初めて電気柵を製造・販売した会社である事だけではなく、その性能や耐久性を認められる事により信頼が厚く、世界各地様々な場所で利用されております。

  • 確実な性能で世界が信頼

    安全で強力なパワーで知られるガラガー電気柵。NZガラガー社は1930年代に電気柵パワーユニットを世界に先駆けて発明し、現在では100カ国以上の国で利用されている信頼性の高いメーカーです。
  • 国内規格に適合、安全な商品

    国内規格に適合し、安全でかつ強力なパワーを出力できるパワーユニットを開発いたしました。
  • 消費電力が低く、効率的

    ガラガーが開発したパワーユニットの回路は効率が優れ、少ない電力で強いパワーを維持するように開発されております。
  • 修理サポート万全

    最近では修理できないモデルもありますが、ガラガー社の回路及び各パーツはモジュール方式で迅速な修理対応が可能です。パーツは製造中止後、最低6年以上保管致しますので安心してご利用頂けます。
  • 2年間保証

    ガラガー社ではパワーユニット本体を2年間保証しており、安心してお使い頂けます。またその他の商品も品質や耐久性を重視して原料を選び製造・設計していますので、いずれの電気柵部品も長持ちします。(ミニ番兵B10のみ1年保証)

ガラガー製品のご紹介gallagher’s products

ガラガー製品一覧
お得セット
獣害別セット
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材
畜産資材

電気柵よくあるご質問faq

電気柵を設置したいのですが、何を準備すればいいのでしょうか?

電気柵の設計は、対象の獣や圃場の地形によって様々です。
そのため、環境や条件により必要な資材や方法が変わってきますので一概にこれとは言えません。
協和テクノ株式会社では皆様の環境や条件に合わせ、最適なご提案をさせていただきますのでぜひお気軽にご相談ください。
ご相談は電気柵お見積フォームからいただけるとスムーズです。

電気柵に人が触ってしまったらどうなりますか?

ショックはきますが、全く安全です。
ガラガーのパワーユニットは、国際安全規格(IEC)の基準にもとづいて厳格に製作されており、体に流れる電気量はごく僅かです。
しかし、ショックを発生させ動物をコントロールするのが、電気柵(パワーフェンス)なので、人が近づく可能性がある場所には、「きけん表示板」を設置して、警告することが必要です。

どうして動物に効果があるのですか?

電気柵は、心理柵です。電気のショックを受けてパワーフェンスを「こわい」と認識すると、動物は柵のある畑に近づかなくなるのです。これを「馴致」といいます。
心理効果を高めるために以下の2点を必ず実施して下さい。
◆フェンスを設置して約一週間から10日間は、必ず昼夜通電すること
◆ 周囲の草を刈り払い、フェンスそのものが動物から見えるようすること

電源は何を使いますか?

電気柵ユニットの電源には、AC100V電源用と電池・自動車用バッテリーのどちらかをお選び下さい。
電池・バッテリーに付きましては、電池使用タイプと12Vバッテリー使用タイプの2種類がございます。

電池はどれくらい持つのですか ?

電池使用タイプはアルカリ乾電池を用いる場合、寿命は約2か月(24時間使用時)です。
12Vバッテリー使用タイプは、機種によってバッテリーの大きさが異なりますので、各機種推奨バッテリーをお選び下さい。
設置距離が広い場合は、ソーラーパネルの使用をお勧めいたします。

対象動物によって架線段数など変える必要があるのですか?

一般に、イノシシは2段張りで十分ですが、たぬき、ハクビシン、シカ、クマは4段が必要となります。
体高を低くして架線の下を潜り抜けたり、低い架線を飛び越えてしまうことがあるので動物の大きさや、特性さらに地形状況により対応を変える必要があります。

電気柵は延長可能ですか?

各電気柵本体の性能の範囲内で延長可能です。
延長資材で距離を長くすることができます。

耐用年数はどのくらいですか?

電気柵本体は屋外で使用されることを前提に設計されております。
そのため高価なフルシールド・パルストランス、フィルムコーティングなどを採用し対応しております。したがって通常通り使用して頂ければ相当期間使用できます。
あえて、目安と言う事であれば、3~5年とお考え下さい。

保守管理はどうなりますか?

電気柵は、経済的に野性動物被害を防止できますが、電気を利用しているため保守管理が必要です。
<1.漏電対策>
草がフェンスに接触すると漏電しますので、フェンスに草が接触しないようににすることが大切です。クモの巣も漏電の原因になることがあるのでご注意ください。
<2.フェンスライン管理>
動物がショックを受けた際にフェンスを壊してしまうことがあります。1日に1度は点検をして下さい。
またフェンスは動物から見えるようにしておかないと効果が上がりませんので、周囲2メートル前後は草を刈ってください。
<3.フェンスの電圧管理>
テスターで、所定の電圧がかかっているか1日に1度チェックしてください。
特に昼間スイッチを切っている方はイノシシや小動物により、ワイヤーがかじられステンレス線が断線していることが時々ありますので、1箇所だけでなく複数箇所を点検してください。

修理、アフターサービスはどうなりますか?

ニュージーランド製品なので、アフターサービスを心配される方もいらっしゃると思いますが、ガラガー社製品ユニットに付きましては全てご購入から2年間保証となっております。(B10を除く)  また製造中止後、最低5年間は保守部品を備えておりますので安心してご使用下さい。 破損や故障の際には、弊社にご連絡いただくか、故障内容を明記し弊社までお送りください。
Scroll Up