電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

協和テクノブログ

霧ヶ峰で電柵設置!シカの食害を防ごう!

2019年05月31日

先日、
霧ヶ峰にて県や自治体、地権者の方々約40名が集まり、
シカ対策の電気柵を設置しました。



霧ヶ峰は、本州最大の高層湿原で、多くの絶滅危惧動植物の生息地になっていますが、
近年では、ニホンジカの食害や踏み荒らしが問題になっています。

そこで貴重な高山植物を守るため、2008年度より電気柵の導入が開始され、
2018年度には電気柵の総延長が15㎞にも達しました。

絶滅が危惧されている「ニッコウキスゲ」のニホンジカによる被害は、
電気柵を設置してから大幅に減少しており、
その証拠に電気柵内の生育数は、
柵外と比べるとなんと約300倍になっているそうで、
電気柵を設置する重要性がよくわかります。

ニッコウキスゲの黄色の花が見事に咲き乱れる7月上旬から
8月上旬にかけて霧ヶ峰高原には、多くの観光客が訪れます。

今年も多くのニッコウキスゲが咲いて欲しいですね。
シーズンになったら、是非私も見に行きたいと思います。


この辺りは、地盤が岩や石だらけで、ポールを立てるのに非常に苦労しました。


ニホンジカの食害でお困りの方(けもの対策法)はこちら

弊社では、長野県内外の地域で用途に合った電気柵を提案し設置しています。
ニホンジカに限らず獣害でお困りの方、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

商品の事など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:026-245-5438(営業時間:月〜金 8:30〜17:30)
FAX:026-245-5448(24時間受付)

関連記事

天井裏のハクビシン

天井裏のハクビシン

知人の工場内の天井裏にハクビシンがいるということで。。 本当にハクビシンなのか?何匹いるのか?を調査… もっと読む »

水力発電機の防音ボックスを納める!

水力発電機の防音ボックスを納める!

小水力発電用の発電機の防音ボックスを製作させていただきました。 設置場所が中山間地の屋外設置のため、… もっと読む »

施工現場に行ってきました!

施工現場に行ってきました!

先日、電気柵の施工現場に行ってきました。 天気が良くて本当によかった! 北信五岳もきれいに見えました… もっと読む »

Scroll Up