電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

協和テクノブログ

長雨による太陽光発電の日照不足にご注意!

2020年07月15日

九州・中国地方、7月の集中豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、
被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

全国的に長雨がつづき、電気柵や用心棒シリーズ、電気柵監視システムなどでソーラーパネルを使用している場合、太陽光発電の充電不足が考えられます。

12Vの鉛バッテリーは、鉛バッテリーの特性として、11.5Vになると途端に大きく電力降下します。10.5V以下に電圧が下がった場合には、負極プレートに酸性化の影響を受けてしまいバッテリー性能が著しく低下します。

長寿命を考えて使用するには、11.8Vぐらいまでが目安です。特に日照時間の少ない場所に設置している場合には、一度バッテリーの電圧をテスターで確認し、太陽光充電が不足している場合には、バッテリー充電器を使用して充電を行っていただくことをお勧めいたします。

電気柵監視

災害や雨、水没などで機器に不具合が発生した場合には、早めの修理が大切ですので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

商品の事など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:026-245-5438(営業時間:月〜金 8:30〜17:30)
FAX:026-245-5448(24時間受付)

関連記事

『トタン併用電気柵』の導入が各地で進んでいます!

『トタン併用電気柵』の導入が各地で進んでいます!

協和テクノが提案する、トタン併用電気柵が長野県山ノ内町で導入され 11月12日の「北信ローカル」で記… もっと読む »

水力発電機の防音ボックスを納める!

水力発電機の防音ボックスを納める!

小水力発電用の発電機の防音ボックスを製作させていただきました。 設置場所が中山間地の屋外設置のため、… もっと読む »

コゲラのドラミング

コゲラのドラミング

雪の中、センサーカメラの点検を行いました。 シーンと静まり返る森の中、鳥の鳴き声がする方に目をやると… もっと読む »