電気柵・鳥獣害対策のことなら、協和テクノ株式会社にお任せください

  • お電話でのお問い合わせは026-245-5438まで
  • メールでのお問い合わせはこちらから

協和テクノブログ

施工現場に行ってきました!

2016年04月22日

先日、電気柵の施工現場に行ってきました。
天気が良くて本当によかった!

北信五岳もきれいに見えました♪

黒姫山と妙高山

こちらでは集落の皆さんがニホンジカ・イノシシ対策に、広域の電気柵を張っています。

電気柵

柵を張る前の場所は、集落の皆さんと一緒に歩いて設置するラインを確認していきます。
晴れた日に里山を歩くのは楽しいですね。
柵に出入り口をつくることも出来ます。その場所もきちんとチェックしておきます。

そして、すでに柵の張ってある場所には、パワーユニット(機械)の取り付けを行いました。
赤色の配線はプラス(+)に、黒の配線はマイナス(-)につなぎます。緑の配線はアースです。
ワイヤー側は+、足元の土壌側は-になるんですね。

取り付けた後は、必ず電圧の確認を!!
電圧が低い原因のひとつに、アースが十分に取れていないことがあります。
アースは土中にしっかりと埋め込みます(この写真よりももっと深く!)。

アース

電気柵設置にはいろいろな作業がありますが、皆さんと行うとわいわい楽しく出来るのが良いですね。

今年は暖かくなるのが早かったので、早めに対策をされる方が多いようです。
電気柵についてのご質問やご相談はお気軽にご相談ください。

商品の事など、なんでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:026-245-5438(営業時間:月〜金 8:30〜17:30)
FAX:026-245-5448(24時間受付)

関連記事

英語版もあります! 電気柵 危険表示板について

英語版もあります! 電気柵 危険表示板について

電気柵を設置した際には、 「危険表示板」を設置すること が法律で義務付けられています。 電気柵を設置… もっと読む »

トタン板を使用した獣害柵は雪にも強い!

トタン板を使用した獣害柵は雪にも強い!

12月も半ばになりいよいよ寒さも厳しくなってきました。 この季節、降雪の多い地域は雪かきがほんと大変… もっと読む »

獣害対策のための、間違えないフェンスと電気柵

獣害対策のための、間違えないフェンスと電気柵

先日電気柵の本体の調子がおかしいということで、現場へ伺わせていただきました。 この地域では、主にイノ… もっと読む »

Scroll Up